スポンサーリンク

横浜開港祭花火2023の日程や時間・場所はどこ?有料席・チケット情報も!

おでかけ

6月2日(金)・3日(土)の2日間、横浜開港祭の開催されます!フィナーレで行われる花火大会は、ビームと3,000発の花火・音楽が融合したショーのような花火大会で毎年とても人気です!通常の花火大会よりも一足早く花火を楽しめたり、「開港祭」なので花火以外にも様々なイベントがあり1日中楽しめます!


ぽてと
ぽてと

横浜開港祭花火大会が見えるレストランやホテル、穴場スポットはコチラ


\浴衣を着て夏を満喫♪/




スポンサーリンク

横浜開港祭花火大会2023の日程


開催日:2023年6月2日(金)
時間:19:45~(花火の打ち上げは10分程度の予定)
開催地:神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1
打ち上げ場所:横浜臨港パークの前方の海上
みなとみらい駅から徒歩5分、新高島駅から徒歩10分、桜木町駅から徒歩15分





引用元:https://www.kaikosai.com/



引用元:https://www.kaikosai.com/




スポンサーリンク

横浜開港祭花火大会2023チケット情報

横浜臨港パークの前方の海上から打ちあがる横浜開港祭花火大会、「ビームスペクタクルinハーバー」
臨港パークから見るのが一番よく見えますが、とても混雑します。当日朝から場所取りをする方もいるようですが、混んでくるのは花火開始3時間くらい前の午後3時頃からのようです。


場所取りはブルーシート1.8m x 2.7m内に納めるよう注意事項があり、前夜からの場所取りは撤去の対象となりますので注意が必要です。


【有料観覧チケットの種類】
特別観覧席(ます席・いす席)
・いす席(2席):40,000円
・ます席(6席):330,000円


海側特別観覧席
・ペア席(1テーブル2席):50,000円
・テーブル席(1テーブル4席):100,000円
※限定160席


国立大ホール前有料観覧席
・2,4,8,12人席:一人10,000円×人数
・オードブル(オプション):6,000円


ハンマーヘッド有料観覧席
・4人席のみ:一人11,500円×人数
※テーブル付き椅子席でオードブル付き。



引用元:https://kyosan.kaikosai.com/asset/42nd_catalog.pdf


●横浜開港祭花火2023が見えるホテルやレストラン・穴場スポットはコチラ




\外出にピッタリ!虫よけスプレー携帯用/



スポンサーリンク

まとめ

横浜開港祭のイベントのひとつ、横浜開港祭花火2023「ビームスペクタクルinハーバー」!
レーザー・音楽・花火の融合で見応えたっぷりの圧巻花火ショー!


開催日:2023年6月2日(金)
時間:19:45~(花火の打ち上げは10分程度を予定)
開催地:神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1
打ち上げ場所:横浜臨港パークの前方の海上


有料観覧席・チケット情報については下記の通りです。
特別観覧席(ます席・いす席)
・いす席(2席):40,000円
・ます席(6席):330,000円
海側特別観覧席
・ペア席(1テーブル2席):50,000円
・テーブル席(1テーブル4席):100,000円
※限定160席
国立大ホール前有料観覧席
・2,4,8,12人席:一人10,000円×人数
・オードブル(オプション):6,000円
ハンマーヘッド有料観覧席
・4人席のみ:一人11,500円×人数
※テーブル付き椅子席でオードブル付き。


●横浜開港祭花火2023が見えるホテルやレストラン・穴場スポットはコチラ



\お祭りには浴衣!/


おでかけ
スポンサーリンク
ブログ日本村
\ランキング参加中/
ポチっと応援お願いします!
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
ぽてとをフォローする
ぽてと's Enjoy Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました