スポンサーリンク

箱根駅伝2024コースと通過時間を調査!出場校と結果についても

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

Sports

2024年1月2日~3日に開催される第100回箱根駅伝。記念すべき第100回大会は、予選会にエントリーした57校から東海大学など13校が選ばれ、シード権を獲得している早稲田大学など10校と合わせ全23校が出場します。


この記事では、第100回箱根駅伝2024のコースと通過時間、そして全23校の出場校についてまとめています。毎年予想できないドラマが起こる箱根駅伝。今回はどんな感動が待っているのかとても楽しみですし、全力で選手の皆さんを応援したいですね!


●箱根駅伝予選会2024結果予想!日程・出場校数や選考方法はコチラ
●パリオリンピック2024バスケ日本男女日程いつ?放送・配信あるかや結果はコチラ


箱根駅伝2024特集商品一覧



スポンサーリンク

箱根駅伝2024コースと通過時間

箱根駅伝の全10区間、コースと通過時間をまとめてみました!!


1区

1区は21.3km。ほぼ平坦なコースですが、わずかな上り下りがありレースを左右する重要区間です。


時間場所
8:00読売新聞社前
8:08芝郵便局前
8:21品川駅前
約7.5km地点新八ツ山橋
8:44京急蒲田踏切跡
8:53六郷橋
9:01鶴見中継所


歴代ベストタイムは2022年に中大の吉居大和さんが出した1時間00分40秒。2~3位も1時間1分6秒と13秒というタイムです。


2区

花の2区は23.1Km。今回はごぼう抜きはあるのでしょうか!


時間場所
9:01鶴見中継所
9:18神奈川区新町歩道橋
横浜駅前
9:34保土ヶ谷駅前
9:41権太坂上信号
9:55不動坂交差点
20km地点戸塚の壁
10:07戸塚中継所


20km地点から1km上り1km下ってまた上るという約3kmの壁が待っているハードな区間。歴代ベストタイムは2021年に東京国際大のイエゴン・ビンセントさんが出した1時間5分49秒。


3区

3区は21.4km。景色がとても良いコースですが、天候次第では選手にとっては苦しくなることも。


時間場所
10:07戸塚中継所
遊行寺坂
10:24藤沢橋交差点
10:30藤沢警察署前
10:42浜須賀歩道橋
10:58湘南大橋
11:09平塚中継所


遊行寺坂は急な下りで、終わったと思ったら距離が短いが上り坂もあります。前半が脚に来るコース。歴代ベストタイムは2020年に東京国際大のイエゴン・ビンセントさんが出した59分25秒。


4区

4区は20.9km。アップダウンの起伏が連続するコースで「準エース区間」と呼ばれているほど難題コースです。


時間場所
11:09平塚中継所
大磯駅入口歩道橋
11:23大磯警察署前
9km過ぎ押切坂
11:44国府津駅前
11:53連歌橋交差点
箱根登山鉄道ガード
12:10小田原中継所


歴代ベストタイムは2023年に東京国際大のイエゴン・ビンセントさんが出した1時間ジャスト。2~3位も1時間30秒と35秒と僅差です。


5区(往路ゴール)

5区は20.8km。箱根駅伝で最も過酷と言われる区間で、高低差は800m以上。「山の神」が生まれる区間です。


時間場所
12:10小田原中継所
12:20箱根湯本駅前
函嶺洞門
12:32大平台
9km付近宮ノ下
12:50箱根小涌園前
13:05芦之湯
16km付近国道1号最高地点
13:21芦ノ湖


往路のゴールとなる芦ノ湖までの20.8km。勾配のキツイこの区間の歴代ベストタイムは2023年に城西大の山本唯翔さんが出した1時間10分4秒。2位も2023年に出た記録で1時間10分19秒です。2024年に更新はあるのでしょうか!


6区

復路のスタートとなる6区は20.8km。


時間場所
8:00芦ノ湖
箱根神社大鳥居
4.5km付近国道1号最高地点
8:15芦之湯
8:26箱根小涌園前
8:37大平台
17km付近函嶺洞門
8:48箱根湯本駅前
8:57小田原中継所


歴代ベストタイムは2020年に東海大の館沢亨次さんが出した57分17秒。2~3位も57分34秒・36秒と僅差。4年越しの更新はあるのでしょうか!


7区

7区は21.3km。気温差が激しくなるのが7区の難しさ。国府津駅前の前、8km付近から本格的な上り下りが始まります。


時間場所
8:57小田原中継所
9:15連歌橋交差点
9:25国府津駅前
押切坂
9:44大磯警察署前
18km過ぎ東海道松並木
9:55大磯駅入口歩道橋
10:00平塚中継所


歴代ベストタイムは2020年に明大の阿部弘輝さんが出した1時間1分40秒。2~3位は1時間2分台の前半です。


8区

8区は21.4km。8区あたりから、繰り上げスタートも起こりうる可能性が出てきます。


時間場所
10:00平塚中継所
10:10湘南大橋
10:28浜須賀歩道橋
10:40藤沢警察署前
10:46藤沢橋交差点
11:04戸塚中継所


歴代ベストタイムは2019年に東海大の小松陽平さんが出した1時間3分49秒。2~3位も2021年と1997年に出された記録で、近年では記録更新は出ていない難しいコースです。


9区

9区は23.1km。花の2区を逆走する復路のエース級が競う区間。


時間場所
11:04戸塚中継所
戸塚の壁
11:15不動坂交差点
11:29権太坂上信号
11:38保土ヶ谷駅前
14km付近みなとみらい 横浜駅
11:56神奈川区新町歩道橋
12:13鶴見中継所


歴代ベストタイムは2022年に青学大の中村唯翔さんが出した1時間7分15秒。ちなみに歴代2位も青学大で、2023年に岸本大紀さんが1時間7分27秒を出しています。


10区(復路ゴール)

最終10区は23km。順位やシード権など重圧ものしかかる最終区です。


時間場所
12:13鶴見中継所
12:22六郷橋
12:30京急蒲田踏切跡
12km過ぎ新八ツ山橋
12:53品川駅前
13:01田町駅前
13:18日本橋
13:21読売新聞社前


2024年はどんなドラマが起こるのか。歴代ベストタイムは2022年に青学大の中倉啓教さんが出した1時間7分50秒。2~3位は1時間8分台と約1分の差があります。



スポンサーリンク

箱根駅伝2024出場校

第100回となる2024年大会は出場枠が増えて23校となっています。


大学過去成績優勝回数シード権/予選成績
駒澤大学2023年1位8回シード権5年連続
中央大学2023年2位14回シード権2年連続
青山学院大学2023年3位6回シード権14年連続
國學院大學2023年4位最高3位シード権5年連続
順天堂大学2023年5位11回シード権3年連続
早稲田大学2023年6位13回シード権2年振り
法政大学2023年7位最高3位シード権2年連続
創価大学2023年8位最高2位シード権4年連続
城西大学2023年9位最高6位シード権5年振り
東洋大学2023年10位4回シード権18年連続
大東文化大学2023年16位4回予選1位
明治大学2023年12位7回予選2位
帝京大学2023年13位最高4位予選3位
日本体育大学2023年17位10回予選4位
日本大学第96回 18位12回予選5位
立教大学2023年18位最高3位予選6位
神奈川大学第98回 12位2回予選7位
国士舘大学2023年19位最高3位予選8位
中央学院大学第98回 16位最高3位予選9位
東海大学2023年15位1回予選10位
東京農業大学第90回 14位最高2位予選11位
駿河台大学第98回 19位最高19位予選12位
山梨学院大学2023年14位3回予選13位


スポンサーリンク

箱根駅伝2024結果・順位

第100回箱根駅伝2024の順位・結果はわかり次第更新します。


往路

3区は駒沢大がリードしているところから青学大の太田蒼生選手が22秒差を逆転!10キロ以上にわたりデッドヒートを繰り広げました。


5区の「山の妖精」城西大の山本唯翔選手が、前回大会で自身が更新した区間記録を上回る1時間9分15秒を樹立!


順位大学タイム
1青山学院大5:18:13
2駒澤大+2:38
3城西大+3:17
4東洋大+7:06
5早稲田大+7:52
6國學院大+8:53
7創価大+9:55
8大東文化大+10:41
9法政大+10:49
10順天堂大+12:04
11国士舘大+12:07
12帝京大+12:09
13中央大+12:22
14駿河台大+12:38
15山梨学院大+12:52
16東海大+13:20
17立教大+13:24
18中央学院大+13:29
19日本大+13:37
20東京農業大+15:20
21日本体育大+17:21
22神奈川大+17:37
23明治大+19:08


復路

順位大学タイム
1青山学院大5:23:12
2駒澤大5:27:09
3東洋大5:27:28
4法政大5:27:32
5國學院大5:28:20
6帝京大5:28:59
7創価大5:29:13
8明治大5:30:07
9東海大5:30:19
10早稲田大5:30:35
11日本体育大5:30:55
12城西大5:30:56
13中央大5:31:22
14立教大5:31:27
15国士舘大5:31:32
16神奈川大5:31:47
17大東文化大5:31:48
18日本大5:34:15
19東京農業大5:35:43
20中央学院大5:35:44
21駿河台大5:36:07
22順天堂大5:36:25
23山梨学院大5:40:06


総合

青山学院大の総合タイムは2分17秒の大幅更新で大会新記録、2年振り7回目の優勝となりました!城西大は過去最高順位6位でしたが、初の3位!接戦を制して10位シード権を獲得したのは予選大会を1位で通過した大東文化大です。


順位大学タイムトップとの差
1青山学院大10:41:25
2駒澤大10:48:00+6:35
3城西大10:52:26+11:02
4東洋大10:52:47+11:22
5國學院大10:55:27+14:03
6法政大10:56:35+15:11
7早稲田大10:56:40+15:15
8創価大10:57:21+15:57
9帝京大10:59:22+17:58
10大東文化大11:00:42+19:17
11東海大11:01:52+20:27
12国士館大11:01:52+20:28
13中央大11:01:27+20:34
14立教大11:03:04+21:39
15日本大11:06:06+24:41
16日本体育大11:06:30+25:06
17順天堂大11:06:42+25:18
18駿河台大11:06:58+25:33
19中央学院大11:07:26+26:01
20明治大11:07:28+26:04
21神奈川大11:07:37+26:13
22東京農業大11:09:16+27:51
23山梨学院大11:11:11+29:46



スポンサーリンク

箱根駅伝2024区間賞

青山学院大は10区間のうち5区間で区間賞という圧倒的な強さを見せました!城西大の山本唯翔選手は自身の区間記録を更に更新し、最後の箱根駅伝を締めくくりました!


選手タイム
1区篠原 倖太朗(駒沢大3年)1:01:02
2区黒田 朝日(青山学院大2年)1:06:07
3区太田 蒼生(青山学院大3年)59:47
4区佐藤 一世(青山学院大4年)1:01:10
5区山本 唯翔(城西大4年)1:09:14(区間新)
6区武田 和馬(法政大3年)58:02
7区吉居 駿恭(中央大2年)1:02:27
8区塩出 翔太(青山学院大2年)1:04:00
9区倉本 玄太(青山学院大4年)1:08:51
10区岸本 遼太郎(東洋大2年)1:08:51



スポンサーリンク

まとめ

毎年熱いドラマが繰り広げられる箱根駅伝。2024年は100回という記念イヤーとなります。出場校数枠を増やして行われる今大会、2024年1月2日・3日ともに朝8時スタートです!


全23校それぞれがそれぞれの想いをつなげていくたすきリレー。1区~10区まで2日間にわたり200kmというとてつもない距離を繋ぐたすき。どんなドラマ、感動があるか楽しみです。


●箱根駅伝予選会2024結果予想!日程・出場校数や選考方法はコチラ
●パリオリンピック2024バスケ日本男女日程いつ?放送・配信あるかや結果はコチラ


箱根駅伝2024特集商品一覧

Sports
スポンサーリンク
ブログ日本村
\ランキング参加中/
ポチっと応援お願いします!
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
シェアする
ぽてとをフォローする
ぽてと's Enjoy Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました